がんばれ!元お父さん 廃墟寸前な新居生活のブログに来て下さり、ありがとうございます!人生の悩みは俺のブログを読んで吹き飛ばせ!元気で楽しい日々を過ごしましょう♪

サトウキビの育て方 肥料・殺虫・除草作業

令和3年3月

前回の投稿はこちらから

関連記事

令和3年2月 前回の投稿はこちらから [sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.kuro40ko.com/wp/second-harvest-of-sugar-cane-field/ tar[…]

令和3年2月10日サトウキビ畑を焼く前の写真

サトウキビの補植が終わり俺の畑から少しずつ芽が出てきた。次の収穫へ一歩踏み出せ一安心したがここでサボっては補植が無駄になる!次の作業へと進んで行く

補植から芽がでたサトウキビ畑

サトウキビ肥培管理

今年は2月10日に畑を燃やし2月末頃サトウキビ補植3月初めに少しずつ株出しと補植の芽が出て成長してきた。もう少し元気で力強い芽をいっぱい出すために肥料撒きをする

芽出し肥料の準備

近くの農協へ行き芽出し分の肥料として「18-6-6」を6袋購入、1袋20kgです。1番安い肥料だが集落のみんなもこの肥料を使っている。沖縄県ではメジャーな肥料になります。

畑に撒く肥料「18-6-6」

ガムテープに俺の名前が貼ってあるので加工しました。

一回で全部の肥料を使わず、今回は3袋を撒き状況に合わせて追肥してみる事にした。(肥料が勿体ないため💦)実家から「さんすけ」を借りて畑へ

サトウキビ肥料と「さんすけ」

過去の写真になるが右上の容器が「さんすけ」です。容器にサトウキビ肥料を入れ肩に担ぎ、下部撒き口ホースから畑へ落とします。

肥料撒き

さんすけの容器に18-6-6を全部入れると重く歩きにくいので、半分ずつ(10kg)容器に入れ撒きます。撒く量は芽出しを目的とするので少な目にスロットルを調整しました。歩くスピードと撒く量の感覚は実践で掴んで下さい

それでは準備できたのでサトウキビ畑へ肥料を撒きます。歩いて撒くだけの作業なので、1時間掛かりませんでした。すぐ肥料作業が終わったので引き続き殺虫剤散布も進めます。

殺虫剤の準備

せっかく出た新芽の中に「メイチュウ」が入らないように「プレバソン粒剤」を撒きます。この時期メイチュウ被害が多いと成長に大打撃を及ぼします。新芽内部を食べられないように絶対散布した方がいいです。

プレバソン粒剤3kg

下記写真は箱の上にある「ジョーロ」だけみて欲しい、プレバソン粒剤をジョーロに入れてサトウキビ新芽へ撒く。粒剤が出にくかったらジョーロ先端を切って出し口を広げてください。

1箱に3kg×6袋入っている。10aに4kg~6kg使用と書いてあり俺の畑は30aなので最低でも12kgの4袋を準備する。後は防塵マスクを持っていれば付けてください。

プレバソン箱上のジョーロ

殺虫剤散布

細かい粒剤なので、ジョーロ口から直接新芽に散布するだけの単純作業になります。片手でジョーロを持つと意外と3kgは重かったので半分ずつ入れる方が疲れません。こちらも1時間で終わりました。後は大雨が降らないことを願います。

肥料撒きと殺虫剤散布その後

肥料撒きと殺虫剤を散布し天気予報は雨の心配はなかったのですが、夜中に何故か豪雨がありました(涙)読めなかった天気は仕方ないが肥料と殺虫剤の効果が雨で流れないことを祈りました。

本業が少し忙しく1週間後にドキドキしながら畑を見に行って手ごたえを感じ取れました!

補植から葉が出てきたサトウキビ畑

「また雑草伸びてるじゃん!」そうなりますね!肥料撒いたので雑草もすくすくと成長しました(笑)株出しと補植の新芽も順調に成長しています。感覚的な話ですが、補植の7~8割しっかりと芽が出てますね♪

話は変わりますが先輩にトラクターで畑を起こしてもらいました。焼いたサトウキビのガラも肥料として土に混ぜてます。しっかり根付いたら今度はブルトラで培土チャレンジしてみます。

除草剤の準備

数日晴れの日を選び、除草剤に使う農薬を準備します。「アージラン」・「2.4D」・「カーメックス」そして「展着剤」配合は農薬に記載があるが、効いた試がないので記載1.3~1.5倍がいいです。先輩達もそれぞれ配合が違うので自分の畑に合う分量を探してほしい。農薬によって枯れる草の種類が変わります。詳しく知りたい方はお調べください。

農薬以外に、「100リッタータンク」・「散布機」を準備する。

除草剤散布機(八EP)準備

近くに農業用水を取れる水源地があるので、今回は少な目80リッター水と規定1.3倍の農薬を入れ木の棒でよくかき混ぜる

除草剤散布

相変わらず大変な作業…サトウキビを育てる上で俺は除草剤散布が一番辛いです💦

9リッター入る散布機に100リッタータンクから農薬水を入れ、散布ノズルを開放し上部青い取っ手を上下に動かし圧力を掛け散布する。

原動機が付いた散布機だと楽ですが、持ってないので手動散布を頑張りました!朝9時~夕方4時まで掛かりましたね💦

雑草へ散布するので、枯らしたい雑草には多く散布してください、サトウキビに掛けすぎると弱ります。

今回は50リッター使用して散布完了。残り30リッターは枯れなかった場所へ後日散布しようと思います。

除草剤散布その後

除草剤散布後5日経過、少し雨がパラついた日もありました。1度畑を見回りに行ってみよう

除草剤散布後5日目のサトウキビ畑、雑草葉っぱの色が落ちてきた

まだ分かりにくいが少し雑草の葉色が落ちてきました。写真はないですが葉先が枯れてる雑草も散見できます。

今回のブログはここまでになるが、順調に効いてるのでもう少し日数を置いて確認いたします。

4月後半、補植の新芽が根付いたら台風対策を兼ねブルトラで培土をやってみようかな♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

除草剤を撒く100リットルタンク
廃墟生活してる幸せな俺をチェック!